2017年10月8日日曜日

2017-10-08大峯:弥山周回(紅葉)

先週のリベンジで、釈迦を目指して川合から出発。
テン泊のつもりで食料やら何やら背負って重い。

6時天川村役場発

いつものように最初は調子出ず、セーブして進む。

カナビキ尾根分岐の広場にて、最初の遭遇者。


ガスと紅葉




レンゲ道



八教の山頂にガスがかかり始めてる


弥山辻


体調戻らず、時間も経過してるので釈迦はパスして八教へ散歩。
山頂からオオヤマレンゲの柵に降りたところで、カモシカさんに出会えた。
出会ったのはこれで4回目になるんだけどやっとお声がけできた(笑)
少し立ち話してお別れ。


弥山とのコル



八教を振り返って


弥山でおにぎり休憩したらなんだか調子良くなっちゃって、
もう遅いんだけど、川合への下りは割りととばした^_^;

狼平手前


狼平越えたところ


トータル8時間30分、24km、累積標高1800m
紅葉は綺麗だったが、
重い荷物担いだだけの、日帰りトレランとなった^_^;

感謝。
 


2017年10月1日日曜日

2017-10-01大峯:八経ヶ岳からお散歩

始めに、天川村でのバーベキューが条例で、本日10/1から禁止となりました。
皆様ご協力ください。

新聞によると、ボランティアの方々の堪忍袋の緒が切れたようです。
各所に張り紙もあり、弥山まで聞こえるくらいお願いの告知が聞こえていました。


さて、先週はちと体調を壊し(季節の変化と飲み過ぎによるものと自己分析)自宅待機だったが、
今週は、久しぶりにトン西から釈迦を目指すつもりでいた。

06:10トン西発

いつものようにスタート時は調子悪いんだけれど、今日はそれがいつまでも解消しない。
お腹に力が入らない。
昨夜は食欲なくて炭水化物取ってなかったっけ。。。^_^;

朝は天気いい!
人もまばらで、主線ルートを堪能。

丸太階段辺りからの大普賢岳。
少し紅葉が始まっている。


弥山から八経ヶ岳。
山腹が少し色づき始めてる。
釈迦は雲に入りつつある。


山頂から。大普賢岳にも雲がかかり始めてる。


スタートから3時間(9時)。
今までこんなに時間かかったことないなぁ。

釈迦はとうてい無理なので、のんびり散歩することにした。

弥山に戻ると、八経ヶ岳も雲の中に入ってしまった。


この後、1,600m以上はずっと雲の中だった。
沢山の人が登ってこられたけど、お慰み。(-ω-)

私は、ぶらぶらと奥駈道を行者還の水場までピストン。
風がまあまあ強かったけど、
ファイントラックのベースレイヤと、パタゴニアのウインドブレーカーで少し汗ばむくらいだった。
腰につけた温度計は、13℃ぐらいだった。

行者の水はチョロチョロで、出てないのと同じぐらいだった。

下りは、久しぶりにしなの木出合から降りた。

みたらい渓谷あたりは、観光客がぼちぼち。
紅葉の時期は渋滞するだろうから、309を車で行くなら時間ずらすなど考慮必要だ┐(´ー`)┌

トータル8時間、距離18km、累積標高1700m


感謝。


2017年9月16日土曜日

2017-09-16大峯:山上ヶ岳+阿弥陀ヶ森

今週末は台風が近づいて来てる(^o^*)/
台風を満喫するなら日曜なんだろうけれど、連休の後半は用事があるので、本日土曜に行くことに。
しかし、MAXの風雨を満喫できないなら、ただの雨なので目的がぼやける。
行かないという選択肢もありの中、DNSはなんとか避けれたけれど、いつもの時刻には起きれず^_^;

08:10母公堂発


この時はまだカッパ着なくてもいいぐらいだったけれど、
どうせ着るんだからとジッパー全開で自然研究路を清浄大橋へ。

この雨の中でもやはりお参りする人は少なくなかった。

10:30(2h30M)山上ヶ岳
風雨はそれ程でない。



小篠の宿を越えて結界少し手前で佇んでみた。


感謝なんだよなぁ。


いつもは大普賢まで行くんだけれど、スタート遅かったし、久しぶりの風雨なので無理せず、
この辺りで折り返した。


行動してる時は、別に風雨は嫌ではない。
それでも、風が強いとこの季節なのに冷え冷えして立ち止まっていられないぐらい。
少し前までは、暑くて水分補給気にしてたのに、今回は200mlも補給しなかった。

レンゲ辻・法力峠経由で

14:50母公堂へ帰還。

トータル22km、6時間40分、累積標高1650m



久しぶりに雨の大峯を堪能。

感謝。


2017年9月10日日曜日

2017-09-09大峯:弥山/奥駈出合 登り返し

今回は、理源大師辺りがご無沙汰だったので行ってみることにした。
アクセスはトン西ではなく、天川村役場。
未だに、帰り309のみたらい渓谷のバーベキュー渋滞がトラウマになっているので^_^;

まだ暗い早めの5時に役場に到着したけど、眠くって、後部座席で1時間うとうと。

結局いつものように6時半頃出発。

今週末は移動性の高気圧が張り出していい天気のはずと期待。


林道にて、稲村を眺めお天気を確信。


腰の温度計は20℃弱で水の消費も少ないので、狼平に寄らずれんげ道を進んで行くと、
八経ヶ岳の山頂が雲の中に入りかけている(@_@)


快晴と思ってたのに、もしや北朝鮮がミサイル打ってとんでもないことになってるんじゃないか?
とか妄想しつつ10時40分、八経ヶ岳。
4時間ちょっとといつものペースで登ってこれた。


ガスガスで展望なし。おにぎり食べて弥山へ。

スルーして下っていくが、案外時間が過ぎていて、
暗くなる前に帰還するとして、往路6時間と12時半ぐらいで折り返すことにした。


笹に腰を下ろして、しばし佇む。
ガスはこの高度まで降りてきたようだ。


今日はここまでと折り返す。

人が多すぎて、熊鈴が鳴り響いて、なんだか興ざめ┐(´ー`)┌
トン西から弥山まではもっと時間選ばないとと反省。

弥山スルーして、狼平の少し上の水場でおにぎり休憩。
久しぶりのロングで足もくたびれてる。



17時30分着

トータル11時間、32km、累積標高2400m


前にも書いたけど、弥山のコースで熊鈴は不要です!
あんなに人がいて人間の臭がするのに、それでも出てくるんだったら熊鈴いくら鳴らしても出てきます。

そして、熊鈴はうるさいんです!
人がいる所では鳴らさないでください。
付けるなら腰につけておいて、人に遭った時は鳴らないように握るか何かするのがマナーではないでしょうか。
山で人がいるのにタバコ吸ってるのと似た行為だと思うんですけど(≧ロ≦)


大峯には感謝。




2017年9月2日土曜日

2017-09-02台高:明神平

気温が下がったので今週は、大峯より少し標高の低い明神平の定番コースを楽しんできた(^o^*)/

桜井あたりで空が明けだして、いい天気に見えたけど、
大又の駐車場に着くと、お山は中腹からガスで覆われていた。

06:20発

登っていくと、ちょうど明神滝あたりからガスの中に入った。

07:40 あしびの山荘はガスの中


展望ないので、先に千石山へ縦走路を南下する。
無風の森を一人旅。

急ぐことはない。
折り返して、お気に入りの場所で佇んでみる。


薊岳はまだガスの中みたいだったので、桧塚方面へ。

ヒキウス平に寄ってみた。
支配人と桧塚奥峰


せっかくなので、更に尾根を進んで、また佇んだ(^O^)


11:20 桧塚奥峰から南景


林道へ降りるルートを少し下って、振り返ってみる。


最後は、薊岳へのトレイルを堪能


13:00薊岳
霞んでるけど、大峯の弥山まで眺められた。


馬駈ヶ辻方面。雲はまだ夏仕様だった。


14:10明神平


15:10大又着

トータル8時間50分、26km、累積標高1640m



帰りの道中は淡々と行けたけど、奈良ホテル手前の信号で警察に直進を阻まれた(@_@)
そういえば皇太子殿下が来るんだったっけ?!
JR奈良まで迂回して、抜け道で返ったけれど、主線道路はどこもかしこも大渋滞だった。
警察官これでもかと道に出てるし、でもこれだけは、しょうがないね┐(´ー`)┌