2013年1月31日木曜日

2013-01-31大峯:天女の舞・日裏山


02:30に起床したのに、何故か天川村役場を出発したのは06:30
ちょっとのんびりしすぎた^_^;

気温は3℃ぐらいで温かい。
坪内林道に出る手前で、ゲーターと簡易アイゼンをつけた。

天気は快晴、バリコヤがくっきり。
林道は、先週と比べれば少し積雪増えている。
雪質は上々:-)

林道の終端から山道に合流すると、数日前と思われるトレースあり。
そのまま辿っていく。
栃尾辻へは、手前からトラバースするんだけど、トレースは稜線をそのまま直登している。
ま、それも有りかと辿る。

ピークで、トレースは真っすぐ栃尾山の方に行っているようなので、
向きを変えて栃尾辻と思われる方向へ降りる。

雪が先週より増えているので、栃尾辻から登って、
カナビキ尾根分岐へ行く夏道のトラバースは避けて、まっすぐ直登することに。




すると、視界が広がり、稲村岳が見事に見渡せる。
「この辺りは天女の舞と言われています」って標識あり:-)
名前は聞いていたけど、場所は正確に把握してなくって、初めて訪れることが出来た(^o^*)/
なるほどね、いい景色。

帰りにもう一度寄ろうと、先を急ぐ。
真っすぐ、日の方向へ向かえば分岐だと信じてトレース無い傾斜を登って、降りていく。
途中から数日前と思われるとレースが見つかったのでそれを辿って、分岐到着。

熊渡から登って来られる方はいないようだ。
今日は、夏道を頑張って登る。

急傾斜を登った後は、かすかなトレースが現れたり消えたりしている。
稜線を進めば間違いないとまっすぐ進む。

高崎横手のトラバースも避けたかったんだけど、何故か行ってしまう。
でも、積雪が適度にあり、踏み込めば足元しっかり出来たので、
それほど緊張せずに、しかし一歩に3回程度の踏み込みを入れながら前に進む。

狼平の分岐で4時間、10:30
帰りを考えると、八経ヶ岳・弥山の周回は未知の世界なので危険。
こんな天気いいのに、弥山ピストン途中で断念になってもなぁ。。。
狼平行っても、八経ヶ岳拝めないし。。。
ってことで、昨年末と同じくレンゲ道を入れるだけ行くことにした。

トレースはあったので辿ればいいかと思いきや、
行ったり来たりを繰り返していて頼りにならない。
雪も深くなり、今までは膝下の深さで踏ん張れていたのに、
膝上になってもまだまだ足が潜っていく状況になり、
倒木が作る空洞に踏み込むと危険な状況にもなり、
つぼ足では一歩前に出るのにかなりの労力が発生し始めたので、この辺りで断念した^_^;

弥山


八経ヶ岳



11:00 何とか、木の合間から弥山・八経ヶ岳を望めたので、これで満足(^-^)
無風、-3℃ぐらい、最高の天候だ!

降りると決まれば、気楽なもの。
自分のトレースを辿ればいい。

誰か登ってくるかと思ったけど、誰も来ない。
明日は、天気悪い予報だから仕方ないか。
登りに見かけたトレースは昨日というより数日前のように思えたので、
今日この辺りに登山者はいないのかもしれない。
こんなに天気いいのに?!?!?!
独り占めしちゃってるんだろうか。。。(*^_^*)

日が照ってきて、空が青い。




天女の舞へ戻って、撮影会:-)
雪の美しさを写すのは、ムズカシ(≧ロ≦)






坪内林道に降りて、いつもは消化試合のように行くんだけど、
今日は群青の空にため息が出る。






ハイテンションになって一人大声でゲラゲラ笑いながら駈けた(^o^*)/(^o^*)/(^o^*)/

感謝。






後記:
足元は、マゾヒストOutDry、ゲーター、簡易アイゼンのみ:-)




2013年1月23日水曜日

2013-01-23大峯:川合・カナビキ尾根分岐


先日の温かい雨で、雪が締まってるのではないかと期待し、
天気の良い今日、川合から八経ヶ岳を目指した。

なんといっても、昨年末にこんな景色を見せられたらリピートしたくなるってもんだ:-)
八経ヶ岳



今回は気合入れて、6時発。
暗いうちに植林帯を抜けていく。

林道からのバリコヤ(撮影は下山時:-)



坪内林道が終わり登り始める辺りから、次第に足に負荷がかかる。

雪質は、表面1,2cmは締まっているが、その下はザラメ状で重く、一歩一歩床を踏み抜くように進む。
トレランモードで、このツボ足は辛すぎ(≧ロ≦)

カナビキ尾根分岐あたりの広い稜線で、日が差してきた:-)




雪は膝ぐらいまで沈む。気温-5℃。

ここで、心折れた。

この先、雪が深くなって、つぼ足が更に辛くなるだろうし、
これから山頂まで行って、ここまで戻るのに5時間として、
その間-5℃の世界にずっといるのはちょっと冷たすぎ(≧ロ≦)

ま、これまでと比べればよく進歩したもんだ、うんうん^_^;





2013年1月18日金曜日

2013-01-18靴用ジェルクッション


長時間駈けていると、右足親指のココの関節のところが痛くなる。



疲労骨折しそうで心配だったので、色々物色して、これを買ってみた。



「足専ラボ」
ドラッグストアに類似品もおいてあると思う。
外反母趾とか女性用の商品。

ゲル状で、インソールに貼って使う。



昨日の金剛山で使ってみた。
違和感は全くなし、効果あったと思う。

~~~

話は変わって、左足も実は故障気味^_^;
親指からの筋のココのところに、同じく長時間駈けると、ものすごい鋭い痛みを感じる。
瞬間、ビシって感じで襲ってくる。



左右を比べると、何だか筋にダマダマが出来てるようだ。
切れかかったのかもしれない。

これの解消法は、今のところ見つかってない^_^;










2013年1月17日木曜日

2013-01-17金剛山x3


2013-01-06金剛山x3で、太ももの筋肉痛が半端なく、一昨日まで回復しなかった(@_@)
下りで爆走したのが原因と思われる。金剛山のタタリかもしれない(笑)

今日は、あまり体調よくなかったので、とりあえずハイクで登ってみようと8時に出発。
いつもの太尾道を2時間かけて山頂へ。

上の方は、だいぶ雪が積もってきたようで楽しい。
下りもいつもの青崩道をアイゼン付けずに雪上を滑りながら降りる、たのし~(^o^*)/

だいぶ調子出てきたようなので、2登目はいつものペースで登る。1.5H
下りもいつもの調子、1H

おにぎり食べて、3登目。

今日は黙々と、登り太尾、下り青崩で周回した。

8時発、16時着。
まだまだ、これから宜しくです、金剛山m(_ _)m


                   1登目

                   2登目

                   3登目


  横軸は時間。寒さで電池が持たなかったみたい(-"-;)

2013年1月6日日曜日

2013-01-06金剛山x3


今シーズン初めての金剛山へ行ってきた。





水越峠側を起点に、
1登目:
07:15発
 上り:太尾道 下り:太尾道
09:35着

2登目:
 上り:青崩道 下り:青崩道
12:00着

3登目:
 上り:太尾道 下り:青崩道
14:30着

トータル:7時間15分
距離  :23km
累積標高:2300m


5登してやろうかと思っていたが、勘弁してやった(笑)


3回の登頂では、FacebookとMixiに投稿してみた。(2登目はFBは接続失敗:-)



2013年1月1日火曜日