2017年5月1日月曜日

2017-04-30比良:武奈ヶ岳と烏谷山

久しぶりとなる比良山系。
イン谷から少し登ってトイレ前に駐車。

6:15出発

青ガレまでが地味に長い。


金糞峠からはコヤマノ岳への直登ルート。
巨木が楽しい。


コヤマノの山頂にもまだ雪が残ってる。


八雲への分岐まで進んでまた折り返す。
せっかくなので残雪の上を進んでコヤマノの森を楽しむ。


中峠へ降りて、小川新道方面へ直進、シャクシコバの頭で折り返す。
今日は、このあたりのまだ新緑前の森を満喫したかったのだ。


中峠から谷を降りてワサビ峠へ

武奈ヶ岳は西南稜からの姿がやっぱり美しい。


10時、武奈ヶ岳。
ハイカーさん20人ぐらい。
風が強いけど日差しも強いのでちょうど良い。



おにぎり休憩して北稜へ。


ところどころ雪が残っているけど、締まってるのでズボリなし。
広谷、イブルキノコバを通って八雲ヶ原、小川沿いに金糞峠へ。
この小川沿いも癒やされるんだなぁ。

ほぼほぼ疲労してきた。
無理せず8時間ぐらいで帰還するつもりで、行けるとこまでと縦走路を進む。
黙々と、淡々と、琵琶湖を眺めながら、


12時、烏谷山。
おにぎり休憩して、武奈ヶ岳を望む。


蓬莱山も。


今回は牛コバとか遠回りせず、美味しいところをぶらぶらさせてもらった。
雪がまだ残ってるのには驚き。
日差しが強かったので、ちょうど良い涼しい風を作ってくれてたかな。
シャクナゲは今年は期待薄、つぼみが見当たらなかった。
ハエがもう飛び始めていた、腰につけた温度計も20℃を超えてたし、
これから一気に新緑の季節に入るんだろうね。





























2017年4月24日月曜日

2017-04-23大峯:小坪谷から八経ヶ岳

先週は弥山で残雪のズボリ地獄に悩まされた。
今週もまだ消えてないんだろうな。。。
比良系、台高系とヤマレコ眺めながら行き先思案。
だけど、何処も似たりよったりな印象。

そして前日まで迷って決めたのは、先週と同じルート^_^;
行者還から奥駈出合までの至福のトレイルを何往復か出来れば十分だ。

天気は申し分ない。
6時 小坪谷の吊橋発


7時30分(1.5H)天川辻
稜線に出ても風の音さえしない静寂
やっぱプライスレスだよなぁ(笑)


生命力の強すぎるバイケイソウがめきめきと葉を伸ばし始めている。


空が青い。


弥山まで雪の筋がしっかり残ってる。


タイタンルート登ってこられたシルバー5,6人が朝食食べてるのに遭遇。

奥駈出合手前ではまだこんなに雪が残っていた。


雪はかなり締まっていて、全くズボラない。
これなら行けるとこまでまた行ってみるよね、やっぱ。
309の冬季ゲートが開いて、トンネル西口から登っているハイカーさんも多いはず。

弁天の森手前ぐらいで撤収かと思いきや、雪は締まってズボリなし。
理源大師も完全にお姿現してる。

夏道沿いに、階段も半分顔を出してトレースしっかり。
アイゼンの跡もなく皆さんドンドコ登ってるようだ。

10時(4H)弥山からの八経ヶ岳


ここまで登れるとは思ってなかった。
弥山小屋前はこんな感じ。


八経ヶ岳へも夏道で進める。
鹿ゲートは、下は雪もなく普通に開けられた。
上は雪にうもっていて、横のネットが落ちていてそこを皆さんくぐってるみたい。

11時(5H)八経ヶ岳
無風、天気最高。
久しぶりの風景、おにぎり一つ食べて



下りはこけないように要注意。
担々と黙々と無心に駈けた。

行者の手前でトレイルを少し外れると大普賢岳の姿を望めた。


降りる前に行者の水が出てるのか確かめに行った。
どなたがメンテされてるのか頭が下がる。


小坪谷の下りは注意度200%
ざれたトラバース、浮いた岩。
疲労した足腰にはかなりスリリング^_^;


朝は薄暗かったのか気づかなかったけど、ミツバツツジが咲きだしていた。


15時(9H)着


河原で顔を洗って終了。

予想外に八経ヶ岳まで登れて楽しかった。
来週はGW。雪の心配はもう無いだろうし、何処へ出かけようか。


感謝。









2017年4月16日日曜日

2017-04-15大峯:理源大師

昨年12月、明神平への山行で傷めた背中の肉離れもようやく気にならなくなった。
4ヶ月半が過ぎ、季節はもう桜の季節。
今シーズンの冬山は全く出動できなかった。

生活の変化、加齢も加わって体力がかなり落ちたと思う。
お山への意識の変化つまり正直、飽きた感を否めない中

しかし、やっぱり大峯なのかな。。。大峯なのだ。


行くにしても、腐れ雪の中を熊渡から弥山アタックは体力的にもありえない。
今シーズン、アイゼン一度も使ってないし、雪の感覚が全くわかってないし。
ってことで、コースは小坪谷から奥駈道に登ってぶらぶらすることとした。

それにしても久しぶりの標高・気候で、ウエアやアイテムの選択が全くイメージ出来ない。
なのであるもの全部車のトランクに詰め込んで、現地でチョイスすることにした^_^;



6時、大川口。
ちょうど10名弱の団体さんが出発されたのとすれ違いに車を停めた。
気温は10℃ぐらいだ。
真冬の装備は不要、ただし天気が午後少し崩れる予報なので、ウエア、手袋類は装備。
足元も今シーズン一度も使ってないゲーター、簡易アイゼンを詰め込んだ。

6時30分発


小坪谷の吊橋から目指す行者還


トレイルは冬場の眠りから踏み込まれてなくて緩い。
最初の谷づたいの登りは足元しっかりした岩場を進む。
その先のトラバースも踏み跡緩く、ズリっといきそう。

これは上から下に撮ったところ。


数カ所こんなトラバースがあり、登りでもあまり通りたくない気分満載で、
帰りに疲れた足で谷底見ながらここを通るのは避けたいなと、
この時点で、帰りは出合からトン西に降りる気になっていた。
その分できるだけ弥山へアタックして雪を楽しんでみよう^_^;

8時過ぎ、天川辻に出た時は久しぶりの奥駈道に感無量。

稜線は風が強いので一旦小屋に退避して、今シーズン最初で最後のゲーター装着。
奥駈道の雪はこんなんだったけど^_^;


お天気が芳しくない中、久しぶりに弥山が望めた。
八教は雲の中。今回はこれで十分だ。


と、ひこにゃん付けた赤いウエアの男性に出会った。
鉄山経由で弥山テン泊、行者還から関電ルート?で下山するとのこと、スゲー(@_@)


雲が少しそれて八教も見えた(^o^*)/


弁天の森手前から少しずつ雪を踏んでいく。
団体さんのトレースに沿って、ズボリの地雷も回避して進む。


弥山と八教が望めるこの地点で簡易アイゼン装着。


適当に夏道を外しながら理源大師の元へ。


トレースは直登する冬道ではなく夏道に続いていてる。
行けるんだったらとトレースに沿って進んでみたものの、
ここからの傾斜やはりかなりズボッている。

声が聞こえだして、団体さんはここで撤収するとのこと。
自分も弥山ははなから今日の目的ではないし、
トレースに沿って行けるとこまでと進んでみる。

この先は冬道で、急傾斜の尾根を直登だ。
時間はある、ガスも出ていない。

しかし、腐れ雪の超急傾斜を登るのは止めとこうか^_^;
展望台的岩場の手前で撤退することにした。
GPSだとここまで


くされ雪はこんな感じ


振り返って奥駈道はこれくらい望めた


時間も早いし、ぶーらぶら。
そうだ、理源ちゃんとツーショット撮ろ(^o^*)/


後は夏道を適当に外れて雪の上をうろうろした。

トン西に降りると、シンボルの三角橋が壊れたのか、新たに付け替えられるみたい。
ちょうど5,6人の作業のおっちゃんとすれ違った。


13時、トン西着。



久しぶりの大峯、今年もよろしく。


感謝。